外壁編

こんな症状があったら要注意!

ひび割れ、クラック

 

躯体に亀裂、裂け目ができる現象を「ひび割れ」、「クラック」と言います。 クラックより雨が侵入し、躯体内の鉄筋の錆の進行を早めたり、建物内に漏水を引き起こす原因となります。 クラックの大きさや幅により補修方法が異なります。

こんな症状があったら要注意!

鉄筋爆裂

躯体内の鉄筋が発錆すると質量が増加し体積が膨張します。 この鉄筋の体積増加によって周りのコンクリートが押されて内部から破裂します。 この現象を鉄筋爆裂現象と言います。 破裂したコンクリートは剥落の恐れがあり、場所によっては大きな事故に繋がりかねません。   こんな症状があったら要注意!

エフロレッセンス、白華現象

外壁タイルや塗装面から白く濁った液体が垂れたような跡を見かけたことはありませんか? このような現象をエフロレッセンス(白華現象)と言います。 躯体コンクリート中の水酸化カルシウムが侵入した雨水などに溶けて、タイル目地やクラックからにじみ出し空気中の炭酸ガスと反応して炭酸カルシウムとなったものです。 現象そのものに害はありませんし、構造物にも大きな影響を与えません。 しかし。建物の美観が損なわれてしまい問題となる事があります。 こんな症状があったら要注意!

タイルの剥離

外壁タイルを金属製の細長い棒等で軽く叩いてみてください。 「カラカラ」という高い乾いたような音や、「コロコロ」という鈍く低い音がして明らかに空洞があるような感じのところはありませんか? もしあればそこはタイルと躯体コンクリートまたはタイル下地(モルタル等)と躯体コンクリートの間に浮き(隙間)が生じている可能性が高いです。 そのまま放っておくとタイルが剥落する恐れがあり、場所や範囲によっては大きな事故に繋がりかねません。     こんな症状があったら要注意!

チョーキング現象

外壁を触ったら手の平に白い粉状のものがついてしまった経験はありませんか? チョーキング現象とは熱、紫外線、風、雨などによって塗膜が劣化し、塗膜表面が次第に粉状になって消耗していく現象です。 この現象を放置しておくと、外壁にひび割れが発生したり、鉄部では錆が発生したりと多くの問題を招きます。   こんな症状があったら要注意!

シーリングの劣化

壁の打継目地やサッシ廻りによくゴム質材のものを施工します。 これをシール材または シーリング材と言います。 シール材は施工当初は弾力性があり建物の揺れや変形に追従しますが、年数が経つにつれて劣化し固くなり、揺れや変形に追従できなくなっていきます。すると目地に隙間ができそこから雨水等が侵入して漏水の原因となります。