防水工事

「空き室が多く、なかなか入居者が決まらない」<br /><br /><br />
「建物の老朽化が進んでいるため、入居者に敬遠されてしまう」

といったお悩みを抱えていらっしゃる賃貸マンション・アパートのオーナー様も少なくないでしょう。実際、賃貸経営環境は年々厳しくなってきているため、何の対策も施さなければ稼働率はダウンしていく一方です。
そこでクリステル工業では「外装リニューアル」による稼働率アップをご提案しております。不具合や劣化の補修はもちろん、外観を大きく変えることで、入居者の確保・安定した家賃収入の獲得につながるのです!

好感度を高める第一印象!

賃貸物件を探している方の多くは、建物の第一印象で入居するか否かを決めると言われています。

新築物件があちこちに見受けられる現在「少しでもキレイなところに住みたい」というのは、当然の要求なのかもしれません。

だからこそ「建物の見た目」を整え、ターゲットとなる入居者の好感度を高めることが、稼働率アップの鍵となるのです。

日本大学本館大講堂屋根改修工事

値下げの悪循環を断つ!

空室をなんとかしたいからといって、焦って賃料の値下げに走るのは危険です。どこかが値下げを始めると当然のことながら近隣の物件もそれに追随するため、次回入居者を募集するときに「さらに値下げしないと差別化が図れない」といった状況になりかねません。

この悪循環を断ち切るためにも、賃料の値下げを稼働率アップの切り札にするのではなく、物件の価値を向上させることで入居者を呼び込む工夫が大切です。

ミリオンフラッツ高井戸大規模改修工事

物件自体の価値をアップ!

建物の外装を美しく生まれ変わらせるには、様々な方法があります。そのひとつとして、比較的コストが低く手間のかからない「壁の塗り替え」が挙げられるでしょう。

しかし、目先の変化だけでは大した訴求力も期待できず、物件の価値もさほど向上しません。

今までと同じ賃料をキープしながらターゲットとなる入居者を惹きつけるには、やはり外装リニューアルが効果的です。
美観・性能を根本から回復することで入居者への訴求力が高まると同時に、物件自体の価値も大幅にアップします。

エントピア荻窪大規模改修工事

競争力を維持!

建物の快適性と安全性を維持するとともに大切な資産としての価値を確保するためには、定期的な保守・点検はもちろん、長期修繕計画の策定・実施が欠かせません。

この長期修繕計画に基づいて適切な時期に適切な修繕を行うことが、賃貸経営を成功させるポイントとなるのです。
実際、賃貸経営の上手なオーナー様は物件の競争力が落ちてくる頃に照準を合わせ、屋上の防水工事や外壁の修復工事など大規模な修繕工事を実施されています。

ライフェリア池袋大規模改修工事